薄毛に悩む28歳がフィンペシアと鍼治療の効果をレポートしていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィンペシア服用から70日が経過しました。

フィンペシアによってM字ハゲが順調に回復しつつありますが、左右差がある様に思えます。
私の場合は、右の方が回復力が高い様です。

さて、体質改善のカテゴリで書いている事を実践するべく、鍼治療を開始しました。

1.日常動作や激しい運動など何らかのストレス刺激によって筋に負荷がかかる
2.筋の緊張が高まり血行が悪くなり、自律神経が失調する。
3.その結果、免疫機能が過敏になりDHT由来のタンパクに対し感作する。
4.抗原抗体反応によって毛母細胞がダメージを受け髪が抜ける。

この仮説が正しければ、固まった筋を緩め自律神経の働きを正常化してやれば、免疫機能も正常化し毛母細胞への攻撃も止まるはずです。筋を緩めるには効果的にもコスト的にも鍼がベストです。

フィンペシアの効果は確かに魅力ですが、重要な事はフィナステリドには髪が抜けざるを得ない体の器質的な変化を改善する効果は無いという事です。我々は最初からハゲだったわけではありません。

つまり、いつの頃からか髪が抜けざるを得ない何らかの器質的な変化が体に起こったという事です。

ただし、毛母細胞が萎縮してしまった状態では上記の治療効果が出たとしても髪は生えて来ないと思われるので、治療の効果が出るまでの間、これ以上の毛母細胞の損失を防ぐためにフィンペシアは飲み続けるつもりです。

本日の処方
フィンペシア 0.5mg
亜鉛 8mg
オルニチン 500mg
鍼 約100発以上

↓ランキング苦戦中!援軍を頼む↓
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
発毛ってそもそもどうゆう現象?
2011/09/02(金) 16:14:48 | 男の健康
最近は発毛や育毛を専門とした病院やクリニックが増え…
2011/09/04(日) 14:57:41 | 新聞を読もう〜!
copyright © R all rights reserved.

プロペシア(アメリカ版)1mg
28錠4324円~


フィンペシア(Finpecia)1mg
100錠2251円~


ミノキシジルタブレット
10mg 100錠2536円~
5mg 100錠2358円~


[NR02]ミノキシジル+フィナステリド+αシャンプー
210ml 2687円~


[NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム
60ml 4280円


アンドロヘアー
54800円
※価格は全て送料込みの価格です



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。