薄毛に悩む28歳がフィンペシアと鍼治療の効果をレポートしていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭皮を弛緩させるために、何故尻や大腿を緩める必要があるのか?その2「大腿編」です。
初めてご覧になる方は、多分読んでも意味が解らないと思われますので体質改善のカテゴリを最初からお読みになる事をお勧めします。

さて、大腿と言えばまず大腿四頭筋があげられます。
これは大腿の前面にある強力で大きな筋です。歩行時や階段を上る時に主に働き足を上げる動作には欠かせません。逆にここが悪いと足の上がりが悪くなるので膝から下を酷使する事になり、長い目で見れば足底腱膜炎やらシンスプリント、最終的には膝を悪くして皇潤のお世話になる羽目になります。まぁ、皇潤も色々と問題のありそうな商品ですが…

大腿四頭筋は骨盤から始まって足の骨(大腿骨、脛骨)に付着するのでここが収縮しっぱなしになるとテコの原理で骨盤が引っ張られ、前に傾きます。骨盤が前傾する事による弊害は前回書いた通りですので、大腿四頭筋が悪くなると姿勢の悪化を強化する事になります。

もうひとつ、大腿で注目すべき筋は内転筋です。これは前回登場した臀部の筋である「中臀筋」の拮抗筋にあたります。
筋肉というのは収縮する事しか出来ず、自身で伸びる事は出来ません。
その為、必ず対になる筋が存在し、これを拮抗筋といいます。

例えば、力こぶで有名な上腕二頭筋ですが、筋を収縮させて肘を曲げる事は出来ても元に戻す事は出来ません。
肘を伸ばして元に戻す時には、上腕三頭筋という筋が収縮する事によって上腕二頭筋が伸びる為、元に戻ります。
この様に一対の筋肉は片方が収縮していればもう片方は必ず伸展しています。
つまり片方のコンディションが悪くなり力の抜けない収縮しっぱなしの状態になると拮抗筋は逆に引っ張られ続ける事になり負担がかかり続けます。

その為、きちんと筋を弛緩させ血流を良くし健全性を回復させたければ拮抗筋も含めて治療する必要があります。
具体的には内転筋が弛緩出来なければ、臀部を弛緩させる事は出来ませんし、その逆も然りです。勿論、鍼やマッサージで片方だけ治療した場合でも一時的には弛緩しますが、拮抗側の問題が残ったままではすぐに悪くなります。

薄毛に対抗する為の基礎工事として、大腿及び臀部の健康度の重要性をご理解頂けましたでしょうか?

次回のテーマは未定です。鍼治療の経過でも書こうかな…

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
copyright © R all rights reserved.

プロペシア(アメリカ版)1mg
28錠4324円~


フィンペシア(Finpecia)1mg
100錠2251円~


ミノキシジルタブレット
10mg 100錠2536円~
5mg 100錠2358円~


[NR02]ミノキシジル+フィナステリド+αシャンプー
210ml 2687円~


[NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム
60ml 4280円


アンドロヘアー
54800円
※価格は全て送料込みの価格です



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。